腕時計の手入れはどうするればいい?その方法を知ろう

オーバーホールを知っておこう

時計を手入れするときに、時計の内部を開けてから手入れすることになるのですが、これをオーバーホールといいます。このオーバーホールをすることにより内部に溜まっているホコリや汚れなどを除去することができるので、末永く腕時計を使うことが出来ますよ。オーバーホールをするときには専用の工具がいるのですが、それ以外にその時計に対しての知識が必要になります。なので、知識がない初心者が分解すると元に戻せなくなってしまうので、メーカーや時計の修理店などに依頼をするといいでしょう。

時計についた傷を補修しよう

ステンレス製の時計を長期にわたって使っていると、ところどころに傷が目立ってきますよね。これでは見た目が非常に悪くなってしまうので、こういう時はコンパウンドという研磨剤を使い傷を補修してみるといいでしょう。コンパウンドをフキンなどの付けてステンレスのバンドなどを磨くと、傷を保守することが出来ますよ。このコンパウンドは、お店で手軽に手に入れることができるので、自宅で簡単にできるメンテンナンスになります。

汗や脂はすぐに拭いておこう

時計のバンド部分や本体というのは、基本的に汗や汚れが付いてしまうと汚くなってしまいます。特に革バンドなどは、汗や脂で変色してしまうこともあるので注意が必要がですよ。そうならないためにも着用した日に、フキンなどを使い綺麗に掃除をしておくことをおすすめします。フキン以外にも専用のクロスやセーム革などを使って、綺麗に掃除してくといいですよ。その他、拭きにくい隙間部分の汚れは、爪楊枝などを使って除去しておきます。

ダミアーニはイタリアンジュエリーのブランドで、オリジナリティあふれるデザインが特徴です。イタリアのみならず各国の有名人に愛用されています。