機械式時計の魅力は様々なプロセスにあります

部品についての関心を高める

機械式時計を特に好む人は多くいます。機械式時計は部品と部品の関係が実に見事な点にもあります。機械式時計は手入れに時間がかかったり、部品を修理するのに時間がかかったりもします。そうした手入れや時間が好きな人も多くいます。機械式時計を修理するには、時計職人を探したりする必要がある時もあります。そういうことをするプロセスも機械式時計を所有する楽しさであったりもします。機械式時計はこういったプロセスも楽しめる愛好家が多くいます。

長年使うことの魅力について

機械式時計は手入れを上手く行うことで、長年使用していくこともできます。時計にはその人の歴史が詰まっています。代々受け継がれてきた機械式時計は多くあります。その時代その時代の人の思いが詰まっている機械式時計の魅力は尽きないものがあります。機械式時計は、眺めるだけで歴史について考える機会を与えてもくれます。部品と部品の関係が絶妙な機械式時計を分解する時の楽しさは、デジタル時計では味わえないものがあります。

手入れは定期的に行う

機械式時計は機械的に動作しますので、定期的な手入れがとても大切になります。機械的に動作する部品は磨耗していくこととなります。部品の交換機が必ず訪れますので、どうやって部品を調達するかを計画しておく必要があります。部品の調達法は時計職人の人と相談するとよいです。そうした相談をすることで、時計職人の人と信頼関係を築くこともできます。機械式時計の手入れについて考える時は、こうした人と人のつながりを考えることも重要なこととなります。

ウブロが1980年に発表した金のケースにラバーベルトの腕時計は、従来ない斬新な組み合わせでした。時計業界からは異端とみなされましたが、ファッション業界に受け入れられました。